SubversionとかTortoiseSVNのメモ - Masanoriのメモ帳

SubversionとかTortoiseSVNのメモ


 簡単な用語

(自分用メモです。間違っている可能性もあります。)

インポート

リポジトリを作成した時に使う。
ローカルにある指定したフォルダ内のファイルを、リポジトリサーバのリポジトリに登録(送信)する(多分。)

エクスポート

リポジトリ全体 または リポジトリ内のファイルを、ローカルへダウンロードすること

チェックアウト

リポジトリ全体 または リポジトリ内のファイルを、ローカルへダウンロードすること。
エクスポートとの違いは、(TortoiseSVNの場合)チェックアウトは、Subversion機能が保持される。(リポジトリの更新状態や、コミットが出来ます。)

trunk

開発用フォルダ(?)。最新版のファイルを入れる(つまり、開発はtrunk内で行う)。
(但し、Subversionでは、trunkという名前で無くても良い。)

tag(tags)

ある時点のリポジトリに名前を付けて保存(コピー)したもの(または名前をつけて保存(コピー)すること)
例えば、正式またはテストバージョンとしてリリースするバージョンのファイルは、タグとして保存(コピーしておく)。

branchとの違い
tagは、tagとしてコピーした後、変更を行わない場合に使う。
つまりリリースする版などは、tagとしてコピーする。
注意
但し、Subversionでは、branch同様に、内部的にtagがあるわけではないので、別にそうしなくても良いらしい。
また、そういうわけなので、trunkという名前で無くても良い。)

branch(branches)

ある時点のリポジトリに名前を付けて保存(コピー)したもの(または名前をつけて保存(コピー)すること)

tagとの違い
branchは、branchとしてコピーした後、コピーしたものでさらに開発を進めたり、
新機能などを実装してテストするなど並行して開発するような場合に使う。

Subversion


TortoiseSVN

 使い方

現在のtrunkを、branchまたはtagとしてコピーする。

trunkフォルダを右クリック→TortoiseSVN→ブランチ/タグ(T)... して、
先URLを、branchesとかtagsディレクトリの、適当な名前(付けたい名前)のディレクトリのURLにして、
適当にわかりやすくログメッセージを入力して、OK。
その後、ルートへ戻って、右クリック→SVN 更新(U)。

ファイル/フォルダの削除

削除するファイル/フォルダを右クリック→TortoiseSVN→削除 してから、コミット。

ファイル/フォルダの名前の変更

削除するファイル/フォルダを右クリック→TortoiseSVN→名前を変更... して、
新しい名前を入力してから、コミット。

 Tips

 日本語化

  1. TortoiseSVNをインストール。
  2. インストールしたTortoiseSVNのバージョンに合う、
    日本語のLanguagePackを公式サイトからダウンロードしてそれをインストール。
  3. (デスクトップとかで右クリックすれば出てくる、TortoiseSVNメニューから)TortoiseSVNの
    「Settings」を開き、「Language」を変更する。

 トラブルシュート

ファイルを移動/削除などしようとすると「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」というエラーが出る

Windowsのインデックスサービスや、セキュリティソフトウェアの影響の可能性がある。




スポンサード リンク



メニュー


未整理

Linux

プログラミングx

Android

サービス

製品

執筆中


筆者のサイト


スポンサード リンク