さくらインターネット/さくらのVPSのメモ - Masanoriのメモ帳

さくらインターネット/さくらのVPSのメモ


Category/さくらインターネット > さくらのVPSのメモ


Linux / CentOS 汎用

 PHP5.3系のインストール

yum install php53-*

 Python2.7.2のインストール

さくらのVPSの環境ではデフォルトでPython 2.4がインストールされているが
古いのでPython 2.7のインストールを行う。

//必要なパッケージがある場合は、Pythonのインストールをする前にあらかじめインストールしておくこと。
$ sudo yum install -y sqlite-devel

//以下、Python2.7.2のインストール
$ wget http://www.python.org/ftp/python/2.7.2/Python-2.7.2.tar.bz2

$ tar vxf Python-2.7.2.tar.bz2

$ cd Python-2.7.2

$ ./configure --enable-shared

$ make

$ sudo make install

(特に何でもないインストールでした(汗;))


 SSL証明書の発行&設定 - メモ

CSRを生成して、ApacheにRapidSSLで発行したSSL証明書を設定している。
適当にやっていたら手順を間違って1度失敗したので
やり直した結果をメモしておく(笑) 参考程度に。

# cd /etc/pki/tls/certs

# openssl md5 * > rand.dat

# openssl genrsa -des3 -rand rand.dat -out server.key 2048
Generating RSA private key, 2048 bit long modulus
...........................................+++
...+++
e is 65537 (0x10001)
Enter pass phrase for server.key: //パスフレーズ入力
Verifying - Enter pass phrase for server.key: //再入力

# openssl req -new -key server.key -out server.csr
Enter pass phrase for server.key: //先程設定したパスフレーズを入力
Country Name (2 letter code) [GB]: JP
State or Province Name (full name) [Berkshire]: Kyoto
Locality Name (eg, city) [Newbury]: Kyoto-shi
Organization Name (eg, company) [My Company Ltd]: //個人は個人名で。
Organizational Unit Name (eg, section) []: //個人は空欄で
Common Name (eg, your name or your server's hostname) []: example.com //ドメイン名を入力
Email Address []: //入力しない
A challenge password []: //入力しない
An optional company name []: //入力しない

# cat server.csr
-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----
***********************************
-----END CERTIFICATE REQUEST-----
//CSRファイルを出力する。この内容をRapidSSLの申請フォームに貼付して申請を行う。

# touch server-ssl.pem

# vi server-ssl.pem
-----BEGIN CERTIFICATE-----
***************************
-----END CERTIFICATE-----
//RapidSSLから発行された証明書をコピーして保存する

# openssl rsa -in server.key -out server.np.key
Enter pass phrase for server.key: //先程設定したパスフレーズを入力
writing RSA key

# vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
//各々のファイルパスをApacheに設定して保存する。
//SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/server-ssl.pem
//SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/certs/server.np.key
補足
Apacheの起動時にパスフレーズの入力が不要なように措置を行なっている。
また、実際には中間証明書も別途設定が必要。

Subversion & Submin2のインストール&設定

試した結果に成功した手順をメモしたものですので、あくまで参考程度に。
(環境により記載されていない手順やパッケージが必要になってくる場合もあるかもしれません。)
ライブラリのバージョン、パスなどは各環境ごとに適宜置き換えて下さい。

環境について
Apacheは、2.2.21。
Pythonは、デフォルトの2.4と、ソースからビルドしインストールした2.7が共存している環境です。
日誌
右往左往の記録は、プログラミング日誌のほうで記録してますw

前準備

$ sudo yum install swig openssl-devel libtool python-devel

SQLiteのインストール

sqlite 3.7をダウンロードしてインストール

$ cd ~
$ wget  http://www.sqlite.org/sqlite-autoconf-3070900.tar.gz
$ tar vxf sqlite-autoconf-3070900.tar.gz
$ cd sqlite-autoconf-3070900
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
$ cd ..

Subversionのインストール

Subversion1.7.2(2011/12/29現在最新版)をインストールする。
(現時点で、Subversionの古いバージョンがインストールされている場合は、yum eraseで削除しておく。)

//Subversion1.7.2のソースをダウンロードしビルド
$ cd ~
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/subversion/subversion-1.7.2.tar.bz2
$ tar vxf subversion-1.7.2.tar.bz2
$ cd subversion-1.7.2
$ ./configure  \
> --prefix=/usr/local/svn \
> --with-apxs=/usr/sbin/apxs \
> --with-apr=/usr/bin/apr-1-config \
> --with-apr-util=/usr/bin/apu-1-config \
> --with-neon=/usr/include/neon \
> --with-swig=/usr/bin/swig --without-jdk
$ make
$ make install
//SubversionのPython用のモジュールをビルドしてインストール
$ make swig-py
$ sudo make install-swig-py
//モジュールをPython2.7のライブラリディレクトリへシンボリックリンクをはる
$ sudo ln -s /usr/local/lib/svn-python /usr/local/lib/python2.7/site-packages/svn-python
$ sudo ln -s /usr/local/lib/svn-python/svn /usr/local/lib/python2.7/site-packages/svn
$ sudo ln -s /usr/local/lib/svn-python/libsvn /usr/local/lib/python2.7/site-packages/libsvn

Subversionの初期設定

$ sudo mkdir /var/svn
$ sudo svnadmin create /var/svn/test
$ sudo chown -R apache:apache /var/svn/test

WSGI(mod_wsgi)のインストール

mod_wsgi 3.3をインストール

$ cd ~
$ wget http://modwsgi.googlecode.com/files/mod_wsgi-3.3.tar.gz
$ tar vxf mod_wsgi-3.3.tar.gz
$ cd mod_wsgi-3.3
$ ./configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs --with-python=/usr/local/bin/python2.7
$ make
$ sudo make install

共有ライブラリパスの設定

$ sudo vi /etc/ld.so.conf

次のように設定しておいた。

include ld.so.conf.d/*.conf
/usr/local/lib

mod_pythonのインストール (必要ならば)

Python2.4にmod_pythonがあたっていたため最新版をインストールしなおす。

$ wget http://archive.apache.org/dist/httpd/modpython/mod_python-3.3.1.tgz
$ tar vxf mod_python-3.3.1.tgz
$ cd mod_python-3.3.1
$ ./configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs
$ make
$ sudo make install

Subminのインストール

Submin-2.0.2(2011/12/29現在最新版)をダウンロード&インストールする。

$ wget http://supermind.nl/submin/current/submin-2.0.2.tar.gz
$ tar zxvf submin-2.0.2.tar.gz
$ cd submin-2.0.2
$ sudo python setup.py install

Submin2の初期設定

$ sudo python submin2-admin /var/lib/submin initenv your@email.address
 Please provide a location for the Subversion repositories. For new Subversion
repositories, the default setting is ok. If the path is not absolute, it will
be relative to the submin environment. If you want to use an existing
repository, please provide the full pathname to the Subversion parent
directory (ie. /var/lib/svn).

Path to the repository? [svn]> /var/svn //Subversionのリポジトリパスを入力

Please provide a location for the git repositories. For new git repositories,
the default setting is ok. If the path is not absolute, it will be relative to
the submin environment. If you want to use an existing repository, please
provide the full pathname to the git parent directory (ie. /var/lib/git).

Path to the git repositories? [git]>

Please provide a location for the parent dir of Trac environments. For a new
installation, the default setting is ok. If you don't want to use Trac, the
default setting is also ok. For existing Trac environments, please provide
the full path.

Path to trac environment? [trac]>

Please provide a hostname that can be used to reach the web interface. This
hostname will be used in communication to the user (a link in email, links
in the web interface).

Hostname? [〜〜]> example.com //ホスト名を入力

The HTTP path tells Submin where the website is located relative to the root.
This is needed for proper working of the website. Submin will be accesible
from <http base>/submin, Subversion will be accessible from <http base>/svn.
If you use Trac, it will be accessible from <http base>/trac.

HTTP base? [/]>

Apache file created: /var/lib/submin/conf/apache.cgi.conf

   Please include this in your apache config. Also make sure that you have
   the appropriate modules installed and enabled. Depending on your choices,
   these may include: mod_dav_svn, mod_authz_svn, mod_wsgi, mod_dbd,
   mod_authn_dbd and mod_python


Apache file created: /var/lib/submin/conf/apache.wsgi.conf

   Please include this in your apache config. Also make sure that you have
   the appropriate modules installed and enabled. Depending on your  choices,
   these may include: mod_dav_svn, mod_authz_svn, mod_wsgi, mod_dbd,
   mod_authn_dbd and mod_python

必要に応じて、 mod_dav_svn, mod_authz_svn, mod_wsgi, mod_dbd,
mod_authn_dbd and mod_pythonをApacheの設定でLoadModuleさせる。

Submin.cgiにPythonインタプリタを設定

このままでは、共存させている古いPythonインタプリタで実行されてしまうので、

# vi /var/lib/submin/cgi-bin/submin.cgi

こう書き換えます。

#!/usr/local/bin/python2.7
from submin.dispatch.cgirunner import run
run()

/submin/submin.cgiにアクセスしてみたところ、正常に動作。
ということでインストール完了です。




スポンサード リンク



メニュー


未整理

Linux

プログラミングx

Android

サービス

製品

執筆中


筆者のサイト


スポンサード リンク