FM600のメモの変更点 - Masanoriのメモ帳

FM600のメモの変更点

!!!CAMANGI FM600のメモ
FM600は、[CAMANGI(カマンジ)社|http://www.camangi.com/jp/]の7インチディスプレイ搭載のAndroidタブレット端末です。
:ご案内:Androidに関するページについては[[Category/Android]]も御覧ください。
!!特徴
よくあるAndroidタブレットと比べてどのような特徴があるか記載しておきます。
*'''Androidマーケット搭載'''{{br}}恐らく本物のAndroidマーケットを搭載しており、一般的なAndroidスマートフォンなどと同じように利用ができる。{{br}}(__よくある中華パッドではAndroidマーケットを搭載していなかったり__、一部のアプリケーションが表示されないなど不完全なものしか搭載されていなかったりする。)
*'''3G SIM対応'''{{br}}3G SIMスロットが搭載されており、かつSIMフリーであるため、{{br}}docomoやSBM、日本通信などの任意の3G端末用のSIMカードを挿入することで、{{br}}3G回線でインターネット接続したり、電話を使うことができる。{{br}}(ただし、docomoやSBMの場合、パケット代定額が適用されなかったり、{{br}}PC向けのパケット代定額プランとなる場合がある。)
*'''技適対応''' (日本国内で安心して使える){{br}}日本で無線を利用するために技適マーク(技術基準適合証明)を取得しているため、{{br}}日本国内で無線LANやBluetooth機能を合法的に使うことが出来る。{{br}}(__よくある中華パッドでは、技適マークを取得していない__ため、日本国内で無線LANやBluetooth機能を試用目的以外で使えば、違法行為となる。)
*'''マルチタッチ対応静電容量式タッチパネル搭載'''{{br}}一般的なAndroidスマートフォンや、iPadと同様に、{{br}}静電容量式のタッチパネルを搭載しているため、画面に軽く触れるだけで操作できる。{{br}}マルチタッチに対応しており、複数の指で操作ができる。{{br}}(__よくある中華パッドでは、感圧式(抵抗膜式)タッチパネルを搭載しているものが殆ど__で、一般的には反応が悪く、画面に触れるというよりも画面を押す感覚となる。指で操作するには向いておらず、スタイラス(タッチペン)による操作に向いたものが多い。また、マルチタッチにも非対応である。)
!!競合機種
以下の条件を満たすAndroidタブレットは、2010/12現在、[Galaxy Tab|Galaxy Tab(SC-01C)のメモ]と、FM600のみである。
以下の条件を満たすAndroidタブレットは、2010/12現在、[[Galaxy Tab|Galaxy Tab(SC-01C)のメモ]]と、FM600のみである。
*日本国内で購入できる
*日本国内で問題なく使用できる(無線LAN/Bluetoothなどの技適状況などを含む)
*Androidマーケットを搭載している
*静電容量式タッチパネルを搭載している
!!プレスリリース
*(PDF) http://www.camangi.com/jp/news/press-FM600-japan.pdf
!!販売元(日本国内)
*メディエイター{{br}}http://www.mediator.co.jp/item/16798.html
*オフィスサンサーラ{{br}}http://www.sansara.co.jp/android/
{{category Android,FM600,nolink}}


メニュー


未整理

Linux

プログラミングx

Android

サービス

製品

執筆中


筆者のサイト


スポンサード リンク